女性が比較的に多い症状│尿漏れ症状が軽度であれば治療も早く完了

看護師

早期検査による早期治療

日本に住む多くの人は、「HIV」という病名を耳にしたことがあるでしょう。HIVというのはヒト免疫不全ウイルスのことで、免疫を構成する細胞に感染します。HIVに感染した免疫細胞は徐々に破壊されていき、人体の免疫力が大幅に低下してしまうのです。免疫力が低下するということは、それだけ様々な病気に感染し易くなってしまうということでもあります。様々な病気の中でも、エイズ指標疾患に指定されている23の疾患の何れかに感染してしまうと、HIV感染者からエイズ患者となるのです。エイズ患者は症状が進行しており、普通であれば感染することのないような病気にも感染するようになります。その状態になる前にHIVの進行を食い止める方法として、早期にエイズ検査を受けるといった方法が挙げられます。

エイズ検査というのは、文字通りエイズ(HIV)に感染していないかどうかを確認するための検査です。その検査によって感染が確認されれば、すぐに治療が開始されるでしょう。完治させることはできませんが、投薬治療によって症状の進行を抑えることができるのです。エイズ検査を受けられる医療機関というのは、病院・保健所の二つになります。最近では、エイズ検査キットと呼ばれるものを購入することによって、自宅からでも検査を受けられるようになりました。人に知られずに検査を受けたいのであれば、エイズ検査キットを利用すると良いでしょう。しかし、より精密な検査を受けたいのであれば、病院が最適です。病院で検査を受けると、最短で治療を受けられるといったメリットもあります。